薄毛 治し方

放置すると・・・

こんにちは

 

こんにちは


薄毛は

 

薄毛は


放置すると

 

放置すると


はげます!

 

はげます (*_*;


 

薄毛を治す人たち

 

そうなる前に

正しい治し方で、治療しましょう!


 

 

どうして薄毛は放置するとはげる?

男性が薄毛になる一番の原因はAGA(男性型脱毛症)です。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼが反応して、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が作られます。

 

このDHTが毛根に作用して髪の成長を妨げます。その結果髪が十分に育つことなく抜け落ちます。

 

抜けた髪は再び生えてくるのですが、次に抜けるまでの期間がさらに短くなります。

 

こうして次第に髪が細く短くなり、髪の密度が低くなって薄毛になります。

 

これがAGAの仕組みです。

 

DHTが生成される反応は一度発症すると、自然には止まりません。

 

また一挙に髪が抜けるのではなく、徐々に薄くなっていくのが特徴なので薄毛に気が付いてもこれくらいなら平気と放置しておくと、いつのまにかはげていることになります。

 

放置していなくても、育毛剤の使用で安心しているのも危険です。

 

育毛剤ではDHTが生成される反応を止めることはできません。

 

AGAは正しい治し方で治療する必要があるのです。

薄毛の治し方

AGAを止めるには、認可された治療薬を服用します。

 

治療薬はフィナステリドという成分を配合したもので、還元酵素の5αリダクターゼが分泌されるのを阻害する効果があります。

 

DHTが生成される元となる物質の片方の量を減らすことで、DHTの量を減らすのです。

 

その結果毛根に作用しなくなるのでAGAが止まり、徐々に元の毛量へと戻ります。

 

これが薄毛の治し方の第一ステップです。

治療薬だけでは安心できません

薄毛初期に治療薬を飲み始めたなら、様子見になりますが殆どは大丈夫です。

 

ですがある程度AGAが進んでしまうと、元の髪の状態に戻る確率が低くなります。

 

それは薄毛の原因がAGAだけでは無いからです。

 

例えばストレス。

 

極度のストレスは体に過剰反応を起こさせ、毛根を攻撃します。

 

脂の多い食事。

 

頭皮からにじみ出る脂の量が増え雑菌が繁殖したり、毛穴を埋めてしまいます。

 

睡眠不足。

 

髪は睡眠中に良く成長します。睡眠時間が短いと髪が成長する機会が減ります。

 

喫煙・太りすぎ。

 

頭皮への血流を減らします。血液と共に髪の成長に不可欠は栄養が運ばれるので、血流が減ると栄養不足で髪が抜ける可能性があります。

 

この他にも、髪が抜ける原因は数多くあります。

 

その為、これらも改善しないと髪を増やすことはできません。

薄毛を治す方法は何が最善か

AGAの治療薬は、内科医などの医師に処方してもらうことで入手できます。

 

ですが他の薄毛の原因まで治療してくれることはありません。

 

治療薬を手に入れ、他の原因を治療するにはAGA専門のクリニックに行きます。

 

AGA専門のクリニックは、薄毛を治すのに特化した病院です。

 

治療を受ける人それぞれに適切な治し方のノウハウを持っています。

 

まずはカウンセリングです。

 

誰にも相談できない薄毛の悩みや、生活習慣改善のアドバイスを行います。

 

次に治療薬の処方です。

 

AGAかどうかを診察してくれるので、必要ない人は無駄な出費がありません。

 

目玉は発毛促進治療です。

 

頭皮に注射器や超音波などで薬液を浸透させ、血行の促進や発毛を促します。

 

このような方法で、薄毛を治していきます。

薄毛改善豆知識

生活習慣を改善して、薄毛を治そう


髪にとって良い習慣と悪い習慣というものはあります。頭皮はもちろん、体の一部ですから生活習慣も毛髪の状態に深く関わってくるのです。

 

ここで提唱したいのは、3つの生活習慣の基盤を正そう!という事です。このたった3つの基盤を整える生活を送るだけで、体の内部は劇的に変化し、健康な毛髪を育成できる頭皮環境が整います。

 

理想的な毛髪を手に入れるためにも、日々の努力が必要不可欠なのです。

 

生活習慣の基盤:その1
バランスの取れた、健康に良い食事をとる。

 

バランスの良いというのは、きちんと必要な栄養素を適切に取り入れるということです。パンだけ、ファーストフードだけ、間食だけなどというのはご法度です。それに、脂っこい食事もいけません。そんな食事を続けていると血管が詰まってしまい、血流が悪くなりしっかりと毛根に栄養が届けられません。野菜中心の食事を心がけて、ビタミン・ミネラル・たんぱく質・亜鉛など髪に良いとされている栄養を積極的に取り入れましょう。

 

生活習慣の基盤:その2
毎日、適度な運動をする。

 

適度な運動は全身の血行を促進させます。有酸素運動をすることで肥満防止にもなり、体力もつきます。ウォーキングなどの運動を取り入れることによってリフレッシュ効果も得られ、薄毛の大敵であるストレスの解消にもつながります。頭皮の血行が良くなり毛根に栄養が行き渡り易くなりますし、汗をかいて毛穴のつまりが流れ、毛が育成しやすくなります。

 

 

生活習慣の基盤:その3
睡眠時間をしっかりとる。

 

睡眠時間をしっかりとらなければ、毛髪もしっかりと育成されません。髪の毛は、体が休息しているときに一番良くのびるといわれています。成長ホルモンが分泌される午後10時から午前2時までの時間を中心として、しっかり睡眠をとりましょう。

 

以上のように、3つの生活習慣の基盤をしっかりとつくり、健康な体から健康な髪の毛がつくられるということを心得ておきましょう。

 

更新履歴